学生が親に内緒でカードローンを利用するには

学生が親に内緒でカードローンを利用するには、二十歳以上である必要があります。逆に言えば、二十歳をすぎていれば親に内緒で借りることができます。

審査では年齢も重視されますが、若い人は有利になるので問題はないでしょう。それよりも、安定した収入があることのほうが重要です。アルバイトでもいいので、毎月安定継続した収入がある必要があります。しかし、アルバイトで少ない収入しかなかったとしても、限度額10万円から20万円程度なら借りられる可能性もあります。

大学や専門学校などに通っている人は、学生ローンが利用できます。学生ローンは消費者金融よりもやや金利が低めなのでおすすめできます。しかし、銀行カードローンに比べるとやや金利は高いので、まずは銀行カードローンを検討してみるといいかもしれません。

学生がお金を借りる時に注意しなければならないのは、お金を借りすぎてしまったとしても、仕事を増やして返済することが難しいということです。アルバイトを増やしたために大学の勉強に影響して、留年をしてしまったら親に迷惑をかけてしまいますので、そのようなことになるくらいなら素直に親に話してお金を出してもらったほうがよいでしょう。

金融機関はお金を貸すことが仕事ですので、学生でも返済能力があればたくさん貸してくれる場合もあります。しかし、金融機関は本人の勉強に影響することなどは無関心ですので、きちんと自分で管理をしなければなりません。借り入れ件数は多くても2件以内におさえておくべきでしょう。

  • 3月 17, 2016
  • Uncategorized
  •   タグはありません。
  • 学生が親に内緒でカードローンを利用するには はコメントを受け付けていません。